国民を無視した原油高騰対策

空前の石油高騰が、国民の暮らしをますます締めつけつつある。特に重油燃料だけを頼りに海へ繰り出していく漁師たちの生活は深刻だ。昨年まで1キロリットル6万円台だった重油はいま、2倍の12万円台まで跳ね上がる勢いで、漁師たちはついに行き詰まってしまった。7月15日、全国の漁船20万隻が一斉ストライキを行い、都内をデモ行進まで繰り広げる事態になり、これまでなんら対策を打たなかった政府関係者を驚かせた。

「漁業団体によると、この状況が年末まで続けば、全国の漁師約20万人のうち8万人が職を失い、漁獲高が4割減るという最悪のケースも想定されるという。すでにスーパーの魚介類は倍近い値上がりを見せるところもあり、魚が、金持ちだけが口にできる高級食材になる日も近い」(経済部記者)

 この事態に慌てた政府・与党は7月末になり、漁業者に対して燃料代を補てんするため、総額745億円もの緊急支援策を発表したが、「高い重油代の一部を政府が肩代わりするだけの話で、疲弊しきった漁業界を立て直す根本策ではない。しかもこれだけの税金は結局、石油元売り会社に支払われることになり、実態は、儲けを増やしたい元売り各社への支援策ではないかとすらいわれている」(同)

 確かに、このごろの政府の動きは、元売りを喜ばせるだけの政策に終始している。たとえば6月、甘利明経産大臣は中東を訪問して増産を働きかけ、これに応じたサウジアラビアが日量50万バレルの増産、クウェートも日量30万バレルの増産を約束した。これによって、ガソリンや重油の価格も一気に下がることを期待したもので、国民のためのエネルギー資源確保という当たり前の外交交渉だったはずだが、内実はとんでもない方向に向かっている。

「調達した石油は日本の元売り各社が受け取り、それを経済成長著しい中国などに輸出するんだよ」(経済ジャーナリスト)

 元売り関係者によると、中国などのアジア地域は経済発展によってインフレ状態にあり、燃料油は日本国内より高く売れる。そこで、中東から仕入れた原油を重油生産に回さず、中国でよく使われる産業用の軽油や、灯油と同質のジェット燃料へと大量精製し、輸出するようになっているという。

「海外向けの石油製品は増産に次ぐ増産の態勢にあり、最大手の新日本石油なんか中国で現地会社との合弁会社まで立ち上げ、輸出強化策を打ち出している」(同)

 このように元売りは輸出にばかり目を向け、国民が必要としている燃料は供給しないという信じ難い現実。そして、ここにきて税金まで投入し、元売りに金儲けさせるというとんでもないこの政策を放置しておいてもいいのだろうか?
posted by gas at 14:54 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井物産、豪州で原油の生産を開始

三井物産は、100%子会社であるミツイ・イ−・アンド・ピ−・オ−ストラリア社(MEPAU)が40%の権益を保有する豪州WA-28-L生産鉱区のヴィンセント油田で原油生産を開始したと発表した。

初期生産量は一部生産井からの先行生産により1日当たり約5万バレルを想定しており、年末にかけて約4万バレルまで減退する見込み。その後は、追加生産井からの生産開始により、減退を補う予定。

MEPAU社は2004年3月に既発見未開発油田群を含むWA-28-L鉱区及び隣接WA-271-P探鉱鉱区にそれぞれ40%参画している。ヴィンセント油田は、1998年に発見され、2006年3月の最終投資を決断、豪州最大手石油・ガス開発会社であるウッドサイド社との共同開発作業により、今回の生産開始した。

三井物産は、日本、アジア・大洋州地域への安定的なエネルギー資源の供給地として、オセアニア地域を石油・ガスの探鉱・開発・生産事業の重点取組地域の一つと位置付け、同地域での資源エネルギーの継続的探鉱・開発及び生産を目指すとしている。
posted by gas at 23:17 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油価格下落で、物価の高騰に終止符へ?

原油価格下落によるプラスの効果が、目に見えて表れ始めた。

 7月の米国の輸入物価は前月比でプラス1.7%と、6月のプラス2.9%から大幅に低下した。原油価格が7月中旬に下落に転じたのを受けて、石油関連製品の価格がプラス4.0%と、6月のプラス8.9%から大幅に下落したためだ。

 原油価格の下落が物価を押し下げたかたちで、米国では、原油高騰による物価上昇が峠を越えた。

食料品とエネルギーを除いた物価が比較的安定したなかで、これまでの消費者物価の上昇は原油価格の上昇が最大の要因だった。その原油価格が下落に転じたことで、米国の消費者物価も一定のタイムラグが必要なものの沈静に向かうだろう。

■日本国内の物価も沈静化に向かう公算

 同様に、日本経済についても、原油価格の下落のプラス効果は、コスト上昇で収益が悪化していた企業にとっても、またガソリン価格の高騰に悩まされてきた消費者にとっても朗報だ。

 また、投機資金が原油市場から逃げ出したことに伴って資金がドルに回帰し、円安・ドル高が進んでいることも、物価の沈静化が見込めるなかでは、日本経済に対するカンフル剤となろう。

 国内の企業物価や消費者物価が沈静化するには、まだ若干の時間がかかるかもしれない。だが、08年前半の日本経済を苦しめた物価の高騰と景気後退のうち、物価の高騰に終止符が見えたことで、ひとつ大きな視界が開けたことは間違いなさそうだ。

【関連・iza!】
NY原油続落、113ドル台 一時、3カ月半ぶり安値
魚の値上げも?寿司店困惑 原油高で一斉休漁へ
道東沖でサンマ漁が本格化 燃油高騰で電力抑制
「原油バブル」はじけたか? 価格高騰どこまで
食品メーカー、ままならぬ価格転嫁 再値上げも 小麦値上げ検討で
【米金融危機】NY原油急落、95ドル台 供給安定で7カ月ぶり安値
posted by gas at 10:12 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お盆の高速道路利用台数、減少した理由はガソリン価格の高騰だけ!?

ガソリン高騰の影響は、帰省にも。

東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路は8月18日、「お盆時期(8月7日から8月17日)の高速道路における交通状況(速報)」を発表した。1日当たりの高速道路利用台数は456万3694台と2007年に比べて3.4%減少。下りのピークは8月13日(水)、上りのピークは8月16日(土)だった。

 主要な高速道路では、名神高速道路が26万7976台と同0.1%増加したが、このほかは軒並み減少。中日本高速道路では、「ガソリン価格高騰のほかに、お盆時期(8月12日〜15日)が2007年は日曜を含んでいたが2008年はすべて平日だったこと、また全国的に雨が多かったことが影響している」と分析している。

 最も利用台数が減少したのは東名阪自動車道で、同10.4%減の21万4156台。「名古屋高速道路の明道町(めいどうちょう)JCT〜清洲JCT間開通(2007年12月9日)や新名神高速道路の亀山JCT〜草津田上(くさつたなかみ)IC間開通(2008年2月23日)の影響を受けた」(中日本高速道路)という。東名阪自動車道は、年末年始やゴールデンウィークでも2007年より顕著に利用台数が減っていた。

 高速道路利用台数の減少に伴い、渋滞の発生回数も減っている。10キロ以上の渋滞は303回(2007年372回)と同18.5%減少、30キロ以上の渋滞は23回(2007年44回)と同47.7%も減少している。

【関連・iza!】
ETCカード未挿入ご用心 阪神高速、精算エラー月間1500件
タグ:ガソリン
posted by gas at 16:42 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サーチャージ最大5千円引き上げへ

全日本空輸(ANA)は18日、国際線運賃に上乗せする燃油特別付加運賃(サーチャージ)を、10〜12月期に片道で最大5000円引き上げると発表した。最も高い欧州・北米線は現行の2万8000円が3万3000円に上がる。

 基準になる5〜7月のジェット燃料の市場価格が高騰したためで、値上げは今年3回目。ただ、従来の基準では欧州・北米線が4万4000円になる計算だが、需要減を避けるため上げ幅を圧縮した。他の主な路線のサーチャージ(片道)は、ハワイ・インド線が2000円アップの2万2000円、中国線が2000円アップの1万500円、韓国線が500円アップの4000円など。

 また、国際線の普通運賃も10月1日に5〜10%値上げする。ただ、普通運賃の利用は全体の約2割で、約8割を占める割引運賃は変わらない。日本航空(JAL)も近くサーチャージの値上げを決める見通しだ。
タグ:ガソリン
posted by gas at 09:27 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカ人すら車に乗らなくなっている背景

米運輸省によると、ガソリン価格の高騰で、アメリカ人の自動車走行距離が2007年同期に比べ196億キロメートル減少したという。

07年11月の調査では、アメリカ人の自動車走行距離は前年同期比856億キロメートル減少していた。その後も7ヶ月連続で減少を続けている。
07年11月以降、自動車走行距離が大幅に減少したのは農村部で、減少幅は4%。都市部では1.2%の減少にとどまった。

アメリカ人の自動車走行距離に減少に伴い、石油消費量も減少している。アメリカ石油協会によると、アメリカ人の今年1-7月の石油消費量は07年同期に比べ2.1%減少し、過去5年で最低の水準。同協会では、公共機関の利用や省エネタイプの自動車の購入が増えるなど、消費者の行動が変化しているとみている。

米エネルギー省が先ごろ発表したデータによると、自動車走行距離の減少で、今年上半期(1-6月)、アメリカの石油需要は1日平均80万バレル減少した。これは26年ぶりの下げ幅だ。

【関連・iza!】
マイカー世帯保有数2年連続減 新車販売不振など影響
GMがまた大幅値引き販売 一層の業績悪化懸念も
新車登録から廃車まで11.67年 進む乗用車の「高齢化」
クライスラー首脳、他社との接触認める
タグ:ガソリン
posted by gas at 17:58 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続出し始めた原油高倒産パニック

無間地獄に突入だ。とうとう企業の「原油高倒産」も続出し始めた。帝国データバンクが発表した08年上半期(1―6月)の全国企業倒産集計によると、燃料など原料高関連の倒産件数は、前年同期比150%超の235件。すでに07年の年間合計229件を突破し、空前の倒産ラッシュが起きている。

 では、原油高騰の直撃を受けて、下半期も倒産企業が続出する“危ない業界”はどこなのか。

「最も影響を受けているのは運輸業界です。原油高以外の理由も含めると、上半期の倒産件数は209件。このペースが続けば、今年は400件を超えます。今はまだ価格転嫁のできない中小企業の倒産が目立っていますが、これからが本番。大手の倒産もあるかもしれません」(帝国データバンク情報部・中森貴和氏)

 トラックの燃料となる軽油価格は半年で30円近くも値上がりし、1リットル=140円前後を推移している。「倒産件数は3〜4倍に膨れ上がるかもしれない」(運送会社関係者)という声もある。

 原油高はホテル・旅館業界にも襲いかかっている。こちらも、上半期の倒産は26.5%増の62件と大幅増。「三朝観光ホテル万翠楼」(鳥取)、「大久」(愛媛)といった老舗から、「サンヒルズ」(栃木)などのホテル付きゴルフ場までバタバタと倒れている。

「ガソリン高による車離れが客離れにつながっています。中日本高速道路によると、6月の通行台数は前年比2.4%も減少。ホテルや旅館は90年代から地方のロードサイドへの出店が相次いだが、車が減って客足が激減しているのです」(経済ジャーナリスト)

 車が走らないから郊外の外食チェーンも大苦戦で、デニーズは140店舗の閉鎖を決断。ファミレス全体の売り上げも90%台の前年割れが続いている。体力のある大手はともかく、中小はヤバイ。

「意外なところでは、郊外のスーパーに入居するゲームセンターも客離れで不振です。バンダイナムコは69店舗を撤退します。釣具メーカーも大ピンチ。燃料高にあえぐ飛行機業界が機体を軽くするため、炭素繊維を大量に使っている。これは釣り竿の素材でもあるため、価格がハネ上がっています」(証券関係者)

 もちろん、燃料高騰に悲鳴を上げる漁業や農業もギリギリの状況だ。原油高倒産がますます増えるのは間違いない。

【関連・iza!】
石油ショック再び? 東も西も来年から電気料金大幅アップ
産業用大口向け電力販売 6月最高更新も伸び鈍化
“GM破綻”現実味…債務超過6兆円、日本経済も打撃
減産で派遣800人契約解除 トヨタ九州、北米不振で
原油高…農業、漁業に大きな打撃 「窮状知って」やまぬ悲鳴
タグ:ガソリン
posted by gas at 09:12 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油高の隠れた犯人は中国?

原油高の要因を巡っては、OPEC陰謀説、ファンド悪玉説などさまざまな論調があるが、真実はそのいずれでもないと気鋭の石油問題専門家リサ・マルゴネリ氏は説く。同氏が特に注目するのは、需要増大の背景にある中国と産油国の“官製”ガソリン安だ。(聞き手/ジャーナリスト 矢部 武)

 原油価格が高値圏でもみ合っている。2002年初めの1バレル=20ドルから、2004年9月に50ドル、2008年6月には140ドルまで上昇。(7月22日現在も120ドル台後半で推移している)。

 ブッシュ政権は2003年3月、「独裁者のフセインを倒して米国民に安い石油を提供する」とイラク戦争を開始したが、結果は逆になった。それはなぜか。

 まず大前提として押さえておくべきことは、原油市場には石油会社、取引業者、武装勢力、投機家などさまざまなプレーヤーが存在し、特定の国やグループが制御しようとしてもうまくいかないという構造である。ビリヤードで白球を突いて黒球を指定ポケットに入れようとして、ほかに入れてしまうことがあるがこれと同じだ。

 そのうえで最大の理由を挙げれば、やはりそれは需給関係の変化だろう。

 まず供給面では、産油国における埋蔵量と新規生産投資の減少が大きく影響した。昨年、世界の生産量は日量100万バレル減少した。

 たとえば、ベネズエラは、原油で儲けた資金を、食料供給、教育、福祉などに回している。チャベス大統領は2003年1月、ストを行なった石油労働者を大量に解雇し、その結果、生産体制が縮小して産油量が減った。しかし政府は何のダメージも受けず、価格高騰でかえって利益を増やした。

 供給が減る一方、中国やインドなど新興国で需要は増大している。特に中国ではガソリン税を低くしていることもあり、クルマのユーザーがすごい勢いで増えている。

 また、産油国では、ガソリンが安いために需要が伸びる。米国では1ガロン=4ドルだが、ベネズエラは9セント(44分の1)、イランは30セントだ。イランは抑圧された国だが、人びとはクルマを運転しているときだけは自由で楽しそうだ。

原油高の隠れた犯人は需要を肥大化させる中国と産油国のガソリン安
タグ:ガソリン
posted by gas at 14:32 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あのフェラーリもCO2排出削減へ

イタリアの高級スポーツ車メーカー、フェラーリのルカ・コルデロ・ディモンテツェーモロ社長は独紙ウェルト日曜版に掲載されたインタビューで、フェラーリ車の温室効果ガスの排出量をほぼ半分に削減する方針で、ハイブリッド車の開発に取り組んでいると明らかにした。

 同社長は「われわれの二酸化炭素排出量を現在から2012年までに40%削減したい」とし、「現在、代替エネルギー源を利用するフェラーリの開発に取り組んでいる。この開発は、われわれが現在、フォーミュラ1で実行していることを基盤とするものだ」と述べた。これはフェラーリの運動エネルギー回収システム(KERS)に言及したもので、同システムを搭載した新型車は2015年ごろ発売される見通しだ。KERSはブレーキ時の運動エネルギーを一時保存し、加速時などに再利用するシステム。

 また同社長はフェラーリのファンがハイブリッドや電気エンジンを搭載したフェラーリを購入する可能性があるかとの質問に対し、「もちろん、ある。世界で最良のスポーツ車であり、基本的にはフェラーリだ」と答えた。

【関連・iza!】
エコカー送迎にマイカップ持参 環境にやさしい環境相会合
フェラーリ、ポルシェから「幻のRX500」まで 広島市交通科学館スーパーカー展
posted by gas at 09:46 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガソリン代を交通違反者に警察が請求?

急激に値上がりするガソリン代は警察にとっても痛手のようで、アメリカで交通違反者にはパトカーで追跡させた分のコストを上乗せして罰金を払わせるようになったそうです。

BBCによるとジョージア州のHolly Springsでは、今月1日から交通違反1件につき12ドル(約1270円)の追加課金が行われるそうです。これは急激な燃料高騰の影響で2008年の燃料予算の60%が消費されたのを相殺するための措置とのこと。Holly Springsの警察署長はこの「燃油サーチャージ」によって、年間2万6000ドル(約275万円)の歳入が望めると話しています。

アメリカの警察では燃料コストを削減するための様々な方策を導入。ペンシルバニア州のHarrisburg警察ではパトカーを使わず自転車や徒歩でパトロールすることが強制されていて、South Fayette警察ではエアコンを入れたままパトカーを駐車させないことが取り決められているそうです。

兵庫県でもパトカーの燃料費節減が限界だと言われていますが、日本だと税金でまかなうことになるのでしょうか。

【関連・iza!】
優良ドライバーはガソリン値引き 静岡のGS19店
マイカー世帯保有数2年連続減 新車販売不振など影響
偽装福祉車両で脱税 優遇制度悪用した愛知の業者逮捕
タグ:ガソリン
posted by gas at 13:40 | TrackBack(1) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガソリン高で車を手放す人も多い?

日本自動車販売協会連合会が1日発表した08年上半期(1〜6月)の新車販売台数(軽自動車を除く)は、前年同期比0.9%減の177万1628台だった。上半期の前年割れは3年連続で、77年(174万2109台)以来、31年ぶりの低水準だった。景気低迷やガソリン価格の高騰を背景に、新車の販売不振が深刻さを増している。


 最盛期の90年の販売台数は305万台超で、その6割以下の水準に落ち込んだことになる。車種別の内訳では、全体の9割弱を占める乗用車が、燃費の良いハイブリッド車や小型車の人気で同1.0%増と3年ぶりに増加した。しかしトラックをはじめとした貨物車が同13.1%減になるなど、商用車の落ち込みが激しく、全体の台数を押し下げた。景気低迷や原材料高の影響で経費の節減を迫られた企業が、買い替えを見合わせたためとみられる。


 同連合会は「ガソリン高で車を手放す人も出始めており、先行きは楽観できない」と分析。一部メーカーが車両価格を引き上げ始めたことについては「販売への影響を懸念している」とした。


 全国軽自動車協会連合会が同日発表した上半期の軽自動車販売も、同3.8%減の101万4542台で、上半期としては2年連続のマイナスだった

【関連・iza!】
米国に浸透するハイブリッド車 意識と生活変えた
車の使用が減るのは「いいことだ」が半数 原油高でFNN合同世論調査
タグ:ガソリン
posted by gas at 23:39 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガソリンが高いのは投機マネーのせい?

投機マネーが犯人! とどまるところを知らない原油、食糧の高騰に「投機マネー犯人」説は強まるばかりだ。

 OPECのヘリル議長は「価格高騰の原因はサブプライム問題を契機とした投機の動きなどにある」と断言。

 米上院の公聴会に呼ばれたウォール街のヘッジファンドマネジャーも「“機関投資家が食糧とエネルギーの価格を吊り上げている”という疑念に、迷いなくイエスと言えます」と証言した。

 そんななか、民主党大統領候補のオバマが、投機的取引への監視強化を柱とする原油高対策を打ち出し、注目を集めている。

 ところが、日本の政治家たちには、そんな発想がまったくない。自民党の谷垣禎一政調会長と公明党の斉藤鉄夫政調会長が24日、町村官房長官に与党の原油高対策を提出した。

「その中身は中小企業への融資拡大や生活困窮者へのガソリン代補助、運送業者の高速道路料金引き下げといったもの。はっきり言って、小手先の弥縫策(びほうさく)でしかありません。国際的に協調して投機マネーの暴走を食い止める対策を打ち出さなければ根本解決にならないのに、そんなメッセージさえも出せないのです」(市場関係者)

●ところが与党は弥縫策でお茶濁し

 この問題、元はといえば日本の金融緩和政策が大きな原因のひとつになっている。東海東京証券チーフエコノミストの斎藤満氏が言う。

「日本の超低金利政策で、巨額の資金が運用先を求めて海外に流れた。サブプラ発生後、その資金が米国の株式市場に見切りをつけ、原油や穀物に流れているのです。それを動かしているのが、ヘッジファンドなどの投機的グループなのです」

 今の流れを変えるにはどうしたらいいのか。

「オバマが主張する投機マネーの監視強化と、さらには日米両国でマネーの流動性を断つ金融引き締め策をするしかないが、景気後退を考えたら簡単にはできないでしょうね」(斎藤満氏=前出)

 そんな日米両政府のジレンマを尻目に、ゴールドマンサックスをはじめとするハゲタカ勢のやりたい放題が続く。

【関連・iza!】
JALがバイオ燃料で試験運航
なぜ物価は上がるのか
posted by gas at 13:25 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空前の原油高でドバイランドができる?

史上空前の原油高を背景に中東マネーが存在感を増している。国際金融の世界でもイスラム金融に対する関心が急速に高まってきた。中東の経済的活況振りを象徴しているのが、ドバイに建設が始まった世界最大のエンターテイメント施設である。UAE(アラブ首長国連邦)は原油の収入を有効活用するためアメリカの娯楽産業と提携し、史上類を見ない大規模な「ドバイランド」と呼ばれるエンターテイメント王国を2015年までに完成させるという。

 総額3500億ドルを投入し、今後12年間の歳月をかけ砂漠の地にスキー・リゾートやバーチュアル・リアリティー(仮想現実)の技術を駆使したタイムトラベル・アミューズメントパークや音楽の街作り、そして100体以上のロボット恐竜を放し飼いにしたジェラシックワールドを建設する計画だ。完成すればフロリダのウォルト・ディズニー・ワールドより3倍近いスケールを誇ることになる。

建設ラッシュに沸くドバイ

 このドバイランドを軸に11キロにわたりテーマ・ホテルやスポーツ施設が軒を並べることになりそうだ。タイガー・ウッズが自ら設計監督した初のゴルフコースも計画中である。1日平均4万人を越える来場者を想定しており、ホテルの豪華な客室数も12万5000室に達するという。中東においてはこのドバイランドに限らず実にさまざまな大型プロジェクトが進行中である。

 石油の力を最大限に活かし、これらアラブ諸国では2020年までに娯楽産業に投入する資金だけで、3兆6000億ドルを越える見通しである。ドバイはすでに「幸せの島(サーディアット)」というキャッチコピーで世界からビジネスマンや観光客を集め始めている。その先鞭をつけたのが、パリのルーブル美術館の分室を誘致したことであろう。日本からも建築家安藤忠雄氏の設計による海洋ミュージアムが建設される予定で大きな話題となっている。

■航空宇宙産業に820億ドルの投資

 また、娯楽産業に限らず新たなビジネスとして、ドバイが力を入れているのが、航空宇宙産業だ。石油は化石燃料であり、未来永劫に渡って存在する資源でないことは明らかである。そのためドバイでは新たな製造拠点として航空機や宇宙ロケットに使うエンジンの研究開発の拠点を設けようとしており、すでに820億ドルの投資を決めた。今後30年以内に世界で最も巨大なハブ空港を建設するとともに航空宇宙産業のメッカに飛躍しようとの計画を温めているようだ。

 このような巨大プロジェクトを成功させるために欠かせない役割を担っているのが、イスラム金融に他ならない。イスラム金融には公式統計が存在しないため、その規模を正確に把握することは困難といわれている。とはいえ、保険を含む世界のイスラム金融資産の残高は約1兆ドルと推定され、年間平均で20%を超える増加を続けている。イスラム銀行の世界上位100行の資産額を見ると、約5000億ドルといわれ、世界70カ国で積極的な投資活動を行っている。その増加率は年間26.7%であり、世界の銀行の上位100行の19.3%を大きく上回る。

 イスラム金融を取り扱うイスラム銀行は2001年の米同時多発テロ以降、イスラム教に対する不信感や反発に対抗する形で、イスラム教徒が団結を強めたことをきっかけに、その預金量が急激に拡大したものである。時を同じくして、原油価格が上昇をはじめ中東諸国全体が潤い始めたことも影響している。

世界経済の中心に躍り出たイスラム金融
史上空前の原油高がもらたしたマネーゲームとは


【関連・iza!】
海外ツアー、燃料費も表示 6月末から、国交省通達
台湾航空業界「直行」解禁目前に失速? 相次ぎ大幅減便 燃料高騰や新幹線開通で
「地方の空」リストラ加速 燃料高で2社が減便・廃止検討
【航空ファン必見】JALが羽田−香港便スタート 訪日客取り込み激化
JAL、燃料高騰で路線廃止相次ぐ 関空−ロンドン線も
伸び悩む「関空」 のしかかる燃料高、減便危機
9月は170円台半ばに 新日石、22カ月ぶりガソリン値下げ
posted by gas at 10:17 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガソリン30円の国とガソリン300円の国?

ガソリン代が高かった国としてはトルコがあるそうで。

1リットル300円以上が普通とのこと。
ただし、現地の人曰く「まぁ、ガソリンは高いけれど、
他の食べ物なんかが安いから大丈夫」だとか。

逆にガソリン代の安い国は、カタール。

1リットル30円弱!

なんと日本のガソリン代の6分の1程度です。

なぜこんなに安いのか?
実は、カタールは、石油と天然ガスの取れる宝庫で、
天然ガスの30〜40パーセントはこの海から取れるそうです。

そんなカタールに、元々住んでいる人は、
カタールの全人口のほんの10パーセント。
あとの90パーセントは海外からの労働者だとか。

もともとカタールに住んでいた人は、
海外からの労働者を使うので、労働者として
働くことはないんだとか。

天然資源に恵まれた国というのは、
いいものですね〜。

【関連・iza!】
物価上昇…消費マインド悪化に打つ手無し
「すべてのクルマをEVに」トヨタ、次世代電池の開発へ
食糧危機はなぜ起きた? バイオ燃料の“功罪”
ガソリンとうとう180円台に 7月から史上最高値
「燃油付加運賃」パンフに表示せよ 旅行業界が航空業界にクレーム
日野、全車種値上げ 原材料高騰で17年ぶり
食卓に真っ赤な偽マグロ危機…燃料高騰で漁獲高激減
ガソリンスタンド悲鳴 200円時代秒読みで淘汰加速へ
果樹の枝、発電の“果実”に サクランボの枝をバイオマスに
「プリウス」足りない 米国市場、燃料高で「売れ過ぎ」
「低所得者は飛行機乗れない」中国の空港で一時占拠
国内→国外線 JAL乗り継ぎ20分短縮 成田空港
止まらない原油高騰 ドル安背景に史上最高値更新
米大統領、原油高騰で「ドル安是正」強調 実態経済の裏づけ欠く
ああ燃料高騰…日航、全日空が20路線を廃止・減便
自動車、家電への波及必至 鋼材価格大幅値上げの公算
ガソリン初の181円台 最高値を更新
原油高、家計にダメージ 燃料、光熱費に航空運賃にも影響
原油高…農業、漁業に大きな打撃 「窮状知って」やまぬ悲鳴
燃料費高騰…全国漁船が一斉休漁へ 補填求め来月15日に
燃料高騰の韓国 日本車シェアが急上昇、初の40%超
海外旅行1700万人割れ 08年見通し 燃油運賃高騰響く
海外旅行、原油高で大幅減 安近短か高額の二極化 中国はダウン
ガソリン2週連続下落 スタンド間の競争激化
タグ:ガソリン
posted by gas at 17:54 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油価格、今後数カ月間に150―170ドルになると予想

石油輸出国機構(OPEC)のヘリル議長(アルジェリア・エネルギー鉱業相)は、原油価格が今後数カ月間に1バレル=170ドルまで上昇する可能性がある一方、200ドルに達する可能性は低く、年末にかけて下落するとの見通しを示した。

 議長はフランス24テレビに対し「(原油)価格は今夏中に150―170ドルになる可能性があると予想するが、恐らく年末に向かい下落するだろう」と話した。

【ロイター】

【関連・iza!】
ブリヂストンも値上げ 国内市販用タイヤ
タグ:ガソリン
posted by gas at 10:37 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原油高騰でボロ儲けしている国はどこ?

世界中が原油暴騰に悲鳴を上げている。だが一方では、シレッと黙っているが、笑いが止まらない連中がいる。“原油特需”で7%の経済成長に沸いているのが世界一の産油国ロシアだ。

「第2位のサウジの昨年の黒字幅が14兆円。

今年はその倍が予想されているくらいだから、ロシアの儲けは推して知るべし。潤沢な資金で国営ファンドをつくって日本企業の買収などに乗り出すほどの余裕。またプーチンがいくら独裁政治をやっても国民に不満は少ない。景気がいいから。

実は、欧米など先進国は、世界経済のお荷物だったロシア経済に独り立ちしてもらいたい計算がある。だから、原油暴騰を黙認している面が強いのです」(モスクワ特派員)

 原油高騰に議論が集中した先日のG8財務相会合が、なんら有効対応策を打ち出せずに終わったのも当然なのだ。

 だが、プーチンやサウジの王様以上に儲けている国がある。それはアメリカだ。

「メジャーにつながる石油一家のブッシュですが、今回そんなには潤っていないでしょう。むしろ、大統領選の共和党勝利を考えれば、原油高騰を抑えたいはずです。ただ、米国には、世界のオイルマネーがさらなる利益を求めて流れ込むシステムができている。オイルマネーの量が増えれば増えるだけ、アメリカに落ちるカネも莫大になる仕組みなのです」(株式評論家・大山巌氏)

 その“水先案内人”がモルガンやゴールドマンの金融メジャー。「新興国の需給逼迫(ひっぱく)で、原油はまだまだ上がる」といったリポートを出しては急騰相場を演出し、一方で連中は原油投機ファンドに資金を提供してガッポリ儲けている。犯罪的な「一人芝居」だ。

「彼らは、サブプライムローン問題で負った大ヤケドを、原油や穀物の儲けで埋めようと必死」(経済ジャーナリスト・岩崎博充氏)というから、“ヤラセ相場”はまだまだ続く。

 この調子では、来月の洞爺湖サミットも原油価格抑制に無力で終わるのは確実。国際政治の奇々怪々から取り残された日本や貧困国の大衆だけが泣かされる構図だ。
【ゲンダイネット】

【関連・iza!】
米の野外フェス“異変” ガソリン高で移動回避!? 集客減った「定番」も
「洞爺湖」にらみEU牽制 なおも見えぬ首相の主導権
原油高騰の主犯は投機マネー? 米議会で規制論高まる
原油高緊急対策「運用改善止まり」 さらなる対応も
値上げラッシュ インフレ、各国で警戒水域に
原油高対策 中小企業・漁業に「速攻」支援
NY原油、141ドル台 最高値更新、上昇止まらず
食料高騰「バイオ燃料原因説は誤り」米農務長官が反論
バイオ燃料は悪者か 食糧高騰で批判集中
値上げラッシュ インフレ、各国で警戒水域に
最大8000円値上げ 日航が7月から
ANA、燃料高騰で燃油サーチャージ引き上げへ
どうなる原材料高直撃 企業努力も限界近づく
2個目の荷物を有料化へ 燃料高騰で米航空大手
ロス空港で爆弾騒ぎ、中川翔子さんも足止め
米大統領、原油高騰で「ドル安是正」強調 実態経済の裏づけ欠く
食糧価格高騰で特別声明 サミット、バイオ燃料など対応策
燃料費高騰…全国漁船が一斉休漁へ 補填求め来月15日に
原油高…農業、漁業に大きな打撃 「窮状知って」やまぬ悲鳴
posted by gas at 21:41 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の原油生産量はピークに達した?

ガソリンの高騰はどこまで続くのか?

米著名投資家のT・ブーン・ピケンズ氏は、世界の原油生産量は、需要が膨らみ続けるなか、日量8500万バレルでピークに達し、価格を一段と押し上げているとの見方を示した。米上院エネルギー・天然資源委員会で証言した。

 同氏は「(世界の)日量8500万バレルのうち米国だけで同2100万バレルを使用しており、同2100万バレルのうち同約700万バレルを生産している。(世界の)需要は日量約8640万バレルで、需要が供給を上回れば、価格は需要を抑えるまで上昇し続けるしかない」と語った。

 米原油先物は、前日の取引時間中に1バレル=140ドルに迫り最高値を更新していたが、17日は下落して引けた。ただ、133ドルを上回る水準は維持している。
【ロイター】

【関連・iza!】
サウジ、1250万バレルへ大幅増産
posted by gas at 17:02 | Comment(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。