ガソリンの税金の内訳とその使途って?

ガソリン税は、正式には「揮発油税及び地方道路税」といいます。

現在は1リットルあたり53.8円の税金が課され、
そのうち25円が暫定税率分。

1973年〜1977年度の道路整備五ヵ年計画の財源不足に対応するため、
1974年度から「暫定措置」として「租税特別措置法」第89条2項により、
揮発油1キロリットルにつき、揮発油税が48600円、地方道路税が
5200円と、本則税率(本来の税率)のおよそ2倍の暫定税率が適用された。

この項目は30年以上延長されており、2008年3月31日をもって
一旦失効したものの、政府が提出した2008年度税制関連法案が
衆議院で再議決されたことに伴い、再び暫定税率が復活。

2008年5月1日から2018年3月31日までガソリン1リットルあたり
53.8円と再増税となった。

ですので、ガソリン1リットルあたりの税金は
53.8円(本則税率+暫定税率)となっています。
内訳は揮発油税48.6円、地方道路税5.2円
本則税率(本来の税率)はガソリン1リットルあたり28.7円。
内訳は揮発油税24.3円、地方道路税4.4円

ちなみに、その使途は、国と地方の道路財源(道路特定財源)
として使われているんですね。

そして、その使い道が変なものに化けているから
厳しい意見が出てくるわけです。

いつまでも、変なことに使ってないで欲しいですよね。

【関連・iza!】
暫定税率「廃止法案」を提出 臨時国会に、と鳩山氏
ガソリン税失効分、「特例交付金で措置」 総務相
原日出子さん、都の納税キャンペーン大使に
福祉車両「自操式」と「介護式」に分類 税減免など支援措置も
タグ:ガソリン
posted by gas at 23:04 | ガソリン税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。