航空機の燃油サーチャージの安い航空会社は…

一部の便でまた燃油サーチャージが値上げされた。急騰した燃油コストの一部として徴収されるこの追加料金は、距離が長いほど高くなるのが基本。だが、実は同じ路線でも航空会社によって安かったり高かったりする。サーチャージを安くするコツとは?

お得なのは、キャセイパシフィック

 まずは、この10月から適用されている各社日本発着便のサーチャージ金額(往復分)を比べてみよう。たとえばロサンゼルス便。JALやANAは6万6,000円だが、シンガポール航空なら220米ドル(約2万3,364円)ですむ。パリはJAL、ANAが6万6,000円、エールフランスなら282ユーロ(約4万2,141円)。シドニーなら、JALが6万6,000円に対し、12月から成田乗り入れが始まるオーストラリアの格安航空会社ジェットスターは、360米ドル(約3万8,232円)だ。これだけ見てもわかるように、どの路線でも日系の航空会社は割高で、ANAとJALは横並びだ。

 逆にサーチャージが安くて有名なのがキャセイパシフィック。JALやANAの台北・香港便が2万1,000円であるのに対し、6,400円。チャイナエアライン(台北便のみ)の1万5,800円や、ノースウエストの1万8,000円など、日系以外の航空会社と比べてもダントツに安い。

 キャセイパシフィックは香港の航空会社だが、どの路線でもサーチャージ額は低く抑えられている。これは、香港政府の観光重視政策のためといわれている。というのも、サーチャージの金額はほとんどの場合、航空会社が各国や地域の政府に認可を受ける必要がある。香港政府の認可を得るためには低く抑えざるを得ないというわけだ。そのため、成田〜香港のJALのチケットを香港で購入すると、サーチャージは392香港ドル(約5,363円)と日本で買う4分の1ちょっとですんでしまう。

チケット発券時の金額が適用される

 サーチャージ金額の基準は、シンガポール市場におけるケロシン(航空機の燃油)価格だ。原則、3カ月ごとに見直しされ、適用開始の1カ月半ほど前に直近3カ月間の推移をみて決められる。たとえば10〜12月適用分は、4〜7月の平均値を基に8月に決定されている。ケロシン市況は8月、9月と値下がり傾向にもかかわらず、10月からまた値上げした会社が多いのはそのためだ。ただし、シンガポール航空のように、毎月の見直しで相場をいち早く反映し、10月から一部の路線で値下げを行っているところもある。

 注意が必要なのは、サーチャージの金額は、搭乗日ではなくチケットの発券時点の価格が適用されるということ。つまり、来年5月のチケットを今買うと、現時点での金額を徴収される。実際に搭乗する5月に今より値上がりしていても差額を取られない代わりに、値下がりしていても返金はない。

 この先の推移はわからないが、航空会社の違いに加えて、チケットを買うタイミングによっても、サーチャージの価格が上下することは覚えておくとよいかもしれない。

【関連・iza!】
「燃油付加運賃」パンフに表示せよ 旅行業界が航空業界にクレーム

posted by gas at 18:53 | TrackBack(0) | ガソリン周辺情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。