エアコンを正しく使って燃費を良くする法

エコドライブに必要なのは、アクセルやブレーキの操作だけではありません。

自動車を運転する時に負荷をかけるものの代表に、エアコンの存在が挙げられます。特に真夏はエアコンが必需品となり、その使い方一つで燃費は大幅に変化します。

まずはエコドライブの為に、真夏の対策としてエアコンの使い方を考えて見ましょう。ほんの少しだけ使い方を換えるだけで、燃費は大幅に変化します。

まずクルマを駐車する際には、特に排気ガスがひどい場所等を除いては、外気導入にして駐車することが大切です。

これは一般的な部屋の状況と同じで、真夏に出掛ける時に締め切った状態にするよりも、通風孔を開けて出掛けた時の方が帰宅時に熱を持ちにくくなることと同じです。

また直射日光が当るような場所に駐車する際には、フロントガラスの内側にサンシェードを立てるだけでも、車内の温度上昇を抑えることが可能です。

こういったクルマを運転する前のちょっとした気配りが、エコドライブを始めるためには必要になってくるのです。

さあ、いざクルマを発射させる前に貴方は何をしていますか。なになにエンジンをかけっぱなしにして、エアコンを目いっぱい利かせて車内を冷やしてる。

う〜ん、それではガソリンが非常に無駄に使われてしまいますね。エコドライブを始めるには、運転の前に車内の温度を下げる事が先決ですよ。

まず一度キーを挿して、スイッチオン。助手席の窓を少し下げたら、運転席側のドアを数回開け閉めします。そうすると車内の暖まった空気が、助手席の窓から抜けてくれます。

その後はエンジンを掛けて、ゆっくりと走り出してください。この時は外気導入にして、風量は多めにするのがポイント。窓を開けて少し走れば、熱気は抜けてくれますし水温も上昇します。

そしてココまできたら、いよいよエアコンのスイッチをオン。実はクルマのエアコンは、水温が上がらないと上手に作動してくれません。この時窓は閉めた状態で内気循環にすれば、一気に車内の温度は下がります。

その後は15分位毎に外気導入で換気しながら、内気循環をメインにしてエアコンを使ってください。出来ればこまめにエアコンスイッチを切れば、エコドライブは完璧。

夏場はエアコンを聞かせて涼しい車内で過ごしたいものですが、エコドライブの為にはこういった正しい使い方が大切です。

もちろん買い物などでクルマを離れる時には、エンジンを切りましょう。車内温度が上昇するからといって、エンジンを掛けっ放しでエアコンを入れたまま放置してはいけませんよ。

【関連・iza!】
首相公用車がエコ・カーに 温暖化防止アピール
posted by gas at 23:52 | Comment(0) | ガソリン節約法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。