ガソリン燃費のいい車ランキングは?

ガソリンがこうも高くては、やはり燃費のいい車に
注目が集まるものです。

国土交通省による燃費性能に関する公表に元にランキングを
見てみると…。
(順位、車種、排気量、10.15モード燃費で表示)

順位 車種 排気量 10.15モード燃費
1 トヨタ プリウス
(ハイブリッドカー) 1496cc 35.5km/L
2 ホンダ シビック
(ハイブリッドカー) 1339cc 31.0km/L
3 ダイハツ ミラ
(軽自動車) 596cc 30.5km/L
4 ダイハツ エッセ
(軽自動車) 658c 28.5km/L
5 スズキ アルト
(軽自動車/MT) 658cc 24.5km/L
6 トヨタ ヴィッツ
(コンパクトカー) 996cc 24.5km/L
7 マツダ キャロル
(軽自動車/MT) 658cc 24.0km/L
8 スバルR2
(軽自動車/MT) 658cc 24.0km/L
9 ホンダ フィット
(コンパクトカー) 1339cc 24.0km/L
10 マツダ AZ−ワゴン
(軽自動車/MT) 658cc 23.5km/L

※国土交通省(平成18年度8月31日現在)のデータ参照。
※同一車種でも最も燃費のよいグレードに基づく。

実際は、「こんなに燃費はよくない」と感じる人もいると
思いますが、この測定値(10.15モード走行)は、
市街地や郊外でも最もよい条件を想定した
走行パターンでテストした結果による燃費の表示方法です。

ですので、実際に、市街地や郊外での運転とは燃費が違ってくるわけです。
また、温度や道路の条件や、運転の仕方などでも燃費は左右されます。

とはいえ、国産車の燃費ランキングは
上記の選択となります。

買い換えるなら、今後はやはり燃費重視になっていきそうですよね。

【関連・iza!】
究極のエコカーを ホンダ「燃料電池車」生産開始
08年の新型車を占う 小型・軽が本命
富士重が初のミニバン 軽以外で11年ぶり新型乗用車
富士重、軽自動車から撤退へ トヨタは出資比率上げ提携強化
名門スバル去り…「軽」再編、加速するか
トヨタ、世界販売を下方修正へ 米国市場の低迷で
軽の新型、大手が続々発売 「低燃費なら買ってもらえる」
日産、商用車16年ぶりに値上げ 乗用車は見送り
【クルマの達人】ホンダ フリード 実用性重視「ちょうどいい」ミニバン
posted by gas at 23:45 | Comment(0) | ガソリン節約エコカーたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。